テーマ名称未記載 ID: (黒星病/耐性菌/品種/防除/もも/薬剤)

No 27020360
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 宮城県農業・園芸総合研究所
テーマ名
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点  現在本県では約170haのナシが県南部を中心に栽培され、基幹的果樹の一つになっている。しかし、近年黒星病による被害が県全域で拡大しており、主力品種「幸水」を中心に生産量が減少するなど、大きな問題となっている。現地の普及センターでは、開花前後のDMI剤の散布、秋季防除や耕種的防除の徹底などの指導に当たっているが、被害は軽減されていない。栽培放棄地や高齢化による管理不徹底園地の増加など、産地として解決しがたい課題もある一方、DMI剤耐性菌の発生(本県では未だDMI剤耐性の確認が出来ていない)なども要因として考えられる。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題)  効果的防除方法の確立(防除薬剤の種類・防除時期、耕種的防除法との組合せ等)
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) ナシの黒星病の防除対策については、地域戦略プロ「モモ・ナシの高品質・安定生産を実現する病害防除技術体系の実証研究(H28-30)」において、研究中。ナシの黒星病の防除技術について研究成果が得られ次第、公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ 黒星病 耐性菌 品種 防除 もも 薬剤

この記事は