再生可能エネルギー等を活用した果樹施設栽培の高度化と省エネルギー技術の開発

No 27020340
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 山形県農業総合研究センター園芸試験場
テーマ名 再生可能エネルギー等を活用した果樹施設栽培の高度化と省エネルギー技術の開発
対応が想定される技術 栽培技術 経営管理技術
農業・食品産業等の現場における問題点  近年の原油高騰は、果樹の施設栽培においても生産コストの大幅な増加となり、著しい収益性の低下をもたらしいてる。また、現在の化石燃料等に頼らない再生可能エネルギーの農業生産現場での活用が大きな課題となっており、省エネルギーを可能とする加温技術の開発が求められている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 燃油削減を可能とする加温栽培技術の確立
1 生育促進を目的とした重点加温時期の解明
2 結実確保と高品質生産を可能とする効率的な温度管理技術の開発
3 太陽光等再生可能エネルギーの利用技術の実証・検討
4 経営的評価による技術の改善
分類 活用できる技術があり、部分的にも課題の解決が可能
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 農研機構果樹茶業部門では、提案課題についての研究実績が無いが、東北農業試験研究推進会議果樹推進部会などでシーズなどに関して、意見交換、情報交換を行う。
カテゴリ 温度管理 経営管理 経営診断 コスト 再生可能エネルギー 栽培技術 施設栽培 省エネ・低コスト化

この記事は