ロボットトラクタに搭載される重量野菜収穫用ロボットアームの開発

No 27010070
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) NPO法人グリーンテクノバンク
テーマ名 ロボットトラクタに搭載される重量野菜収穫用ロボットアームの開発
対応が想定される技術 ロボット化技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・収益性の高い生食用野菜生産を指向する農家が増えてきている。
・しかしながら、労働力不足がネックになり作付面積が増えなない。
・特に重労働である収穫作業が大きな課題である。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ①地表面付近で広い可動範囲を確保した野菜収穫作業に適したロボットアームの開発
②野菜に傷をつけないで収穫できるロボットハンドと把持力制御技術の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 重量野菜用のロボット技術については、SIP「次世代農林水産業創造技術(H26-30)」において、ロボットトラクタに装着するマニピュレータを北海道大学が研究中。
カテゴリ 重量野菜 把持力制御 ロボット ロボットアーム ロボットトラクタ

この記事は