テーマ名称未記載 ID: (加工/機械化/キャベツ/栽培技術/作業体系確立/収穫機/省力化/低コスト/野菜栽培/野菜作業機械化)

No 27020270
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 岩手県農業研究センター
テーマ名
対応が想定される技術 ロボット化技術 ICT 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点  高齢化に伴う野菜生産者の減少により、野菜生産量の低下が一層進むと考えられている。
 一方、国内の野菜需要の約60%を占める加工・業務用野菜に対する、国内産地の対応が遅れており、輸入野菜の占める割合が高い状態となっている。
 そこで、加工・業務用野菜の機械化作業体系を確立し、栽培面積の拡大、作業の省力化を図るとともに、多収技術の開発により、野菜栽培面積の増加と、加工・業務用野菜の国産シェア奪回を図る必要がある。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ①機械化作業一貫体系の確立
②機械化作業に適した栽培技術の確立
③加工・業務用途に適した品質、規格を持つ野菜の生産技術の開発
④低コストな流通に適した作業体系の確立
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 加工・業務用野菜の機械化作業体系の確立については、緊プロ事業の中でキャベツ収穫機を開発済み。キャベツ収穫機の高能率化は先端プロ「露地園芸技術の実証研究」において機械化一貫体系を実証中。研究成果が得られ次第、公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ 加工 機械化 キャベツ 栽培技術 作業体系確立 収穫機 省力化 低コスト 野菜栽培 野菜作業機械化

この記事は