テーマ名称未記載 ID: (馬/温湯消毒/種子消毒/多収性/ばか苗病対策/品種/防除/薬剤)

No 27020110
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 秋田県農業試験場
テーマ名
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点  飼料稲の生産については、交付金の数量払いや多収性専用品種の導入に対する追加配分などの助成制度により栽培面積の増加が予想されており、それに伴って種子伝染性病害である馬鹿苗の発生拡大が懸念されている。、特に水稲種子の採取ほ近くでは、作付けを控えるなどの対策も必要となることが考えられる。馬鹿苗病の抜本的な防除技術は未確立であり、飼料稲推進上の大きな問題となっている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 防除技術の開発
優良種子生産技術の開発
分類 活用できる技術があり、部分的にも課題の解決が可能
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) ばか苗病の防除技術は薬剤による種子消毒や温湯消毒技術が既に開発されており、飼料イネ栽培においてもその技術に基づいた普及促進が重要である。
カテゴリ 温湯消毒 種子消毒 多収性 ばか苗病対策 品種 防除 薬剤

この記事は