テーマ名称未記載 ID: (高収量品種/飼料用米/耐寒性/多収性/DNAマーカー/品種)

No 27020100
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 岩手県農業研究センター
テーマ名
対応が想定される技術 品種開発
農業・食品産業等の現場における問題点  冷涼な気候と多収性の限界もあり、飼料米専用品種の作付けが伸び悩んでいる。
実際にとれる姿をした多収を実感させる品種が必要となっている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・多収といわれる外来母本の生理・生態特性をいかす品種育成
・多収系統を選抜する(例えば籾数、大きさ、重さに寄与する)DNAマーカーを利用した品種育成
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 農研機構において、多収を前提とした飼料用米品種の育成を実施中。岩手県とも共同で多収品種の育成に取り組んでいる。研究成果が得られ次第品種登録を行い、現場への普及を図る。
カテゴリ 高収量品種 飼料用米 耐寒性 多収性 DNAマーカー 品種

この記事は