九州・沖縄の肉用牛向けコントラクターを支える飼料生産技術の開発

No 27080260
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 九州バイオリサーチネット
テーマ名 九州・沖縄の肉用牛向けコントラクターを支える飼料生産技術の開発
対応が想定される技術 栽培技術 飼養技術
農業・食品産業等の現場における問題点 九州・沖縄地域は肉用牛の生産が盛ん(全国の55%の繁殖牛)であるが、高齢化、大規模化を要因として外部(コントラクター)委託ニーズが高まっている。しかし、コントラクターは投資機械と栽培面積のアンバランスにより経営が厳しい。特に島嶼部は栽培面積が小さいため生産基盤が脆弱。また、ロールベール体系向けの適飼料作物がない等の大きな問題を抱えている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 飼料作物の周年で多収な栽培・収穫技術体系の確立
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ 経営管理 コントラクター 飼料作物 飼料用作物 多収栽培技術 大規模化 肉牛 繁殖性改善

この記事は