作業等の遠隔指示による技術伝達の効率化

No 27080150
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 佐賀県農業試験研究センター
テーマ名 作業等の遠隔指示による技術伝達の効率化
対応が想定される技術 ICT
農業・食品産業等の現場における問題点 大規模法人等が増加するなか、技術的に未熟な農業者が作業を行う場面も多くなり、、熟練農業者の経験と技術をスムーズに移転するシステムが必要となっている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題)  ウェアラブル端末やスマートフォンなど移動端末の遠隔指示アプリを用いて、指示の受け側の画像を共有しながら遠隔指示を行うシステムの開発。
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) SIP「次世代農林水産業創造技術(H26-30)」において、ロボット、ICTを活用した生産システムの技術開発を実施しており、移動端末による作業指示等の技術を開発中。研究成果が得られ次第、公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。

○佐賀県が県単独予算で大学、IT関連企業と連携研究を実施中。
カテゴリ ICT ウェアラブルシステム 遠隔コントロール ロボット

この記事は