水位センサーと自動制御システムの開発による水管理の省力化

No 27080140
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 佐賀県農業試験研究センター
テーマ名 水位センサーと自動制御システムの開発による水管理の省力化
対応が想定される技術 ICT 機械化技術
農業・食品産業等の現場における問題点 担い手への農地の集積の進行に伴い、農業生産活動において、作業の効率化・低コスト化の推進が求められている。特に管理作業の多くを占める水管理作業が規模拡大のネックとなっている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題)  水位センサーと大規模圃場を想定した自動制御システムを使った効率的水管理技術の開発。
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 水位センサーと自動制御システムの開発による水管理の省力化については、SIP「次世代農林水産業創造技術(H26-30)」において、圃場に設置したバルブを遠隔操作して圃場の水位を自動的に設定するための技術開発を実施中。

○佐賀県では県単独予算で大学、IT関連企業と連携研究を実施中。
カテゴリ 遠隔操作 規模拡大 省力化 自動管理 自動制御 低コスト 水管理

この記事は