炭酸ガス施用時の土壌管理技術確立

No 27080100
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 九州沖縄農業試験研究推進会議生産環境部会
テーマ名 炭酸ガス施用時の土壌管理技術確立
対応が想定される技術 栽培技術 環境制御技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・近年、炭酸ガス施用等の高度環境制御技術の導入が進んでおり、トマト等では炭酸ガス施用により増収効果があるとされている。しかし、その時の適正な施肥量やかん水量が明らかでなく、適正な土壌管理技術の確立が必要である。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ①適正な施肥量の検討
②適正なかん水量の検討
分類 活用できる技術があり、部分的にも課題の解決が可能
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 施設栽培において、一部の先進地域では炭酸ガス施用と施肥・水分管理技術が確立されている。
カテゴリ 環境制御 管理技術 高度環境制御技術 施設栽培 CO2施用 施肥 トマト 土壌管理技術

この記事は