草地における強害雑草ハルガヤ対策について

No 27010430
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 地域
提出機関(部局) 留萌酪農・畜産プロジェクト会議JAオロロン植生改善ワーキンググループ
テーマ名 草地における強害雑草ハルガヤ対策について
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・近年、留萌地域の草地において強害雑草であるハルガヤが確認されている。
・ハルガヤが多く見られるほ場は収量が低く、低成分が推察される。
・ハルガヤの生態について不明な点が多く有効な対策がないことから、簡易更新における防除手法の確立や、侵入を防ぐ手法の確立が望まれる。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・ハルガヤの実態解明
・耕起による草地更新における対策技術の開発
・簡易更新における対策技術の開発
・侵入防止技術の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) ○北海道大学・ホクレン・道総研畜試・上川農試天北支場が「難防除雑草ハルガヤの有効防除技術確立事業」(日本中央競馬会:畜産振興事業)において、ハルガヤの基本的生態の調査およびハルガヤ優占草地の更新法を検討中。
カテゴリ 雑草 難防除雑草 防除

この記事は