古典ギクを用いた、新たな需要を喚起するキク品種の育成 伊勢ナデシコの特性を取り入れた鉢植えカーネーション品種の育成

No 27050470
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) NPO東海生研
テーマ名 古典ギクを用いた、新たな需要を喚起するキク品種の育成 伊勢ナデシコの特性を取り入れた鉢植えカーネーション品種の育成
対応が想定される技術 品種開発
農業・食品産業等の現場における問題点 「古典園芸植物」の保全は、遺伝資源の保存と文化の継承の意味を持つ。しかしながら、保護だけでは新たな進展が期待でない。遺伝資源として活用する必要がある。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 古典ギクを用いた、新たな需要を喚起するキク品種の育成。伊勢ナデシコの特性を取り入れた鉢植えカーネーション品種の育成。
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ 遺伝資源 カーネーション きく なでしこ 品種

この記事は