・本県に適した薬用植物の生育解明、栽培環境条件の検索 ・増殖・苗生産技術の開発

No 27050420
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 三重県農業研究所 花植木研究課
テーマ名 ・本県に適した薬用植物の生育解明、栽培環境条件の検索 ・増殖・苗生産技術の開発
対応が想定される技術 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点  生薬は、健康志向の高まり等を要因として需要が伸びている。しかし、その約90%が輸入であり、国内自給率の向上が求められている。
 本県の植木生産地では栽培面積の減少、遊休農地の増加が問題となっている。
 国内で需要の高い生薬のうち、本県の植木生産地域での生産に適する薬用作物について基礎資料が求められている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・本県に適した薬用植物の生育解明、栽培環境条件の検索
・増殖・苗生産技術の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 薬用作物の栽培環境条件のうち、雑草対策については、委託プロ「多収阻害要因(H27-31)」において、機械除草技術を開発中。北海道名寄市、札幌市、岩手県二戸市、奈良県宇陀市でそれぞれの地域、作目に適する除草技術体系の現地実証、及び、転作田に適用可能な除草機の開発を実施中。研究成果が得られ次第、除草機を実用化して、現場への技術移転を実施する。
カテゴリ 栽培条件 雑草 除草 除草機 増殖・苗生産

この記事は