・密閉挿し環境における高温対策 ・高温、乾燥回避技術の確立 ・秋季定植における高品質生産体系の確立

No 27050410
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 三重県農業研究所花植木研究課
テーマ名 ・密閉挿し環境における高温対策 ・高温、乾燥回避技術の確立 ・秋季定植における高品質生産体系の確立
対応が想定される技術 防除技術 環境制御技術
農業・食品産業等の現場における問題点  ツツジ類等の植木生産現場において、夏季の挿し木時期の高温、春季の定植時期以降の高温、乾燥によると考えられる初期生育不良が発生している。生産者の一部は、定植時期を春季から秋季に遅らせる作型を採用するなど対応しているが、計画生産への影響が懸念され、その原因究明と対策が急務となっている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・密閉挿し環境における高温対策
・高温、乾燥回避技術の確立
・秋季定植における高品質生産体系の確立
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ 乾燥 高温対策 高品質生産体系 栽培技術 挿し木

この記事は