・匠の技の見える化と技術伝承システムの開発 ・リスク回避や被害最小化に役立つ病害虫・生理障害等対策情報システムの開発

No 27050370
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 三重県農業研究所 野菜園芸研究課
テーマ名 ・匠の技の見える化と技術伝承システムの開発 ・リスク回避や被害最小化に役立つ病害虫・生理障害等対策情報システムの開発
対応が想定される技術 ICT
農業・食品産業等の現場における問題点  近年、施設園芸分野の新規就農者は増加傾向にあり、跡継ぎ就農だけでなく、非農家や県外出身者の参入も多い。しかし、自営就農した若年者が5年目標を達成できる割合は50%程度と、非常に厳しい状況にある。この問題に対し、サポート体制を向上させることが第一であるが、サポートをより有効に機能させる情報伝達システムの整備も重要な課題になる。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・匠の技の見える化と技術伝承システムの開発
・リスク回避や被害最小化に役立つ病害虫・生理障害等対策情報システムの開発
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ 害虫 施設園芸 生理障害 データ集積

この記事は