・耐性菌発生状況のモニタリング ・殺菌剤の薬剤耐性発生リスクの整理とリスク評価に基づいたガイドラインの策定 ・薬剤耐性菌の発生・蔓延を抑制する対策の確立

No 27050340
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 三重県農業研究所 農産物安全安心研究課
テーマ名 ・耐性菌発生状況のモニタリング ・殺菌剤の薬剤耐性発生リスクの整理とリスク評価に基づいたガイドラインの策定 ・薬剤耐性菌の発生・蔓延を抑制する対策の確立
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点  農作物の病害防除対策として使用する殺菌剤に対して、多様な病害(病原菌)に薬剤耐性菌が発生している。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・耐性菌発生状況のモニタリング
・殺菌剤の薬剤耐性発生リスクの整理とリスク評価に基づいたガイドラインの策定
・薬剤耐性菌の発生・蔓延を抑制する対策の確立
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 薬剤耐性菌のうち、いもち病菌については、委託プロ「ゲノム情報を活用した薬剤抵抗性管理技術の開発(H26-28)」において、QoI剤耐性いもち病菌の対策技術の構築と管理マニュアルの策定を実施中。提案のあった多様性を示す薬剤耐性菌の対策技術の確立のうち、いもち病に付いては、研究成果が得られ次第、公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ いもち病 管理技術 耐性菌 抵抗性 防除 モニタリング 薬剤 薬剤耐性

この記事は