・鮮度日持ち性に優れ、萎凋細菌病抵抗性を有するカーネーション品種の開発

No 27050250
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 愛知県農業総合試験場園芸研究部
テーマ名 ・鮮度日持ち性に優れ、萎凋細菌病抵抗性を有するカーネーション品種の開発
対応が想定される技術 品種開発 防除技術 輸送貯蔵技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・カーネーションは、輸入切り花の増加により国内生産が大きな影響を受けている。そこで、鮮度や日持ちの良さ等の強みを活かすことが重要と考えられる。
・温暖化が進む中、高温性病害(萎凋細菌病)に抵抗性のある品種の育成が望まれている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・鮮度や日持ち性の良い品種
・萎凋細菌病抵抗性品種
上記の両特性を合わせ持つ品種の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 日持ち性や耐病性に優れたカーネーション品種を提案機関である愛知県、農研機構で開発中。
カテゴリ カーネーション 耐病性品種 長期保存・貯蔵 抵抗性 抵抗性品種 品種

この記事は