・小ギクにおける幼若性保持期間の測定方法の開発

No 27050240
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 愛知県農業総合試験場山間農業研究所
テーマ名 ・小ギクにおける幼若性保持期間の測定方法の開発
対応が想定される技術 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・近年、春から夏季にかけての高温により、露地栽培小ギクは開花が10日~15日ほど前進して、目標とする時期に出荷できず、有利販売が困難な状況となっている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・幼若性保持期間の測定方法の開発
分類 活用できる技術があり、部分的にも課題の解決が可能
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 電照技術の高度化による小ギクの開花制御技術については、主に「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」のうち「周年生産を可能とする花き栽培技術の実証研究」において、研究中。この中で得られた研究成果については、現場への技術移転を進めると共に、それにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ 栽培技術 出荷調整 測定技術 電照技術

この記事は