・環境情報および生育情報と収量・品質の関係を学習するシステムの開発

No 27050230
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 愛知県農業総合試験場
テーマ名 ・環境情報および生育情報と収量・品質の関係を学習するシステムの開発
対応が想定される技術 ロボット化技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・施設栽培において環境モニタリング・環境制御への関心が高くさまざまな機器の導入が進んでいるが、機器の設定は経験と勘に基づき試行錯誤で栽培しており、地域・産地内での共有が難しい。
・数値化することで「勘と経験」栽培の伝承スピードが上がるとともに、新しい生育制御・栽培技術の開発が期待される。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・環境情報および生育情報と収量・品質の関係を学習するシステムの開発。
(産地内での収量・品質の安定化、栽培管理の最適化を探り、共有するツールとして利用。)
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 植物体の生育情報取得及びモニタリング技術については、農研機構が研究開発中。研究成果が得られ次第、公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ 環境制御 栽培技術 施設栽培 データ共有 モニタリング

この記事は