パッションフルーツ等亜熱帯果樹作物の露地栽培等低コスト栽培技術の確立

No 27050100
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 地域
提出機関(部局) 岐阜県農業技術センター野菜・果樹部             岐阜県農政部   農業経営課
テーマ名 パッションフルーツ等亜熱帯果樹作物の露地栽培等低コスト栽培技術の確立
対応が想定される技術 品種開発
農業・食品産業等の現場における問題点 移動性の乏しい果樹では温暖化の影響は深刻で、対策技術の開発が急務となっている。一方、これまで生産ができなかった熱帯・亜熱帯性の新品目を導入し、産地化を図ることができれば生産現場ではメリットがある。しかしこれらの新品目については、温帯での生理生態が不明であるとともに、基盤となる栽培技術が確立できていない。 
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) パッションフルーツ等亜熱帯果樹作物の露地栽培等低コスト栽培技術の確立
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 亜熱帯果樹のうち、アボカドおよびパッションフルーツについては、地域戦略プロ(H28-30)において、わが国での生産技術等を開発中。研究成果が得られ次第、リーフレット等を作成・公表し、現場への技術移転に役立つ情報を提供する。
カテゴリ 亜熱帯 アボカド 栽培技術 新作目栽培技術 低コスト パッションフルーツ

この記事は