・トマトの超多収性品種の育成、多収穫仕立て法の開発、環境情報および生体情報に基づいた栽培管理技術の開発 ・自動つるおろし装置の開発、生育速度の斉一化を実現する品種の育成および生育コントロール技術開発

No 27050090
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 岐阜県農業技術センター 野菜・果樹部
テーマ名 ・トマトの超多収性品種の育成、多収穫仕立て法の開発、環境情報および生体情報に基づいた栽培管理技術の開発 ・自動つるおろし装置の開発、生育速度の斉一化を実現する品種の育成および生育コントロール技術開発
対応が想定される技術 ロボット化技術 品種開発 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・トマト等の施設栽培では資材等の高騰によりイニシャルコストが高まっており、新規参入の障害になっている。そこで、さらなる単収向上により費用対効果を高める技術開発が求められている。
・超多収栽培技術の開発や、収量増加に伴う労働力をカバーする省力化・軽作業化技術の開発が必要である。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・トマトの超多収性品種の育成、多収穫仕立て法の開発、環境情報および生体情報に基づいた栽培管理技術の開発
・自動つるおろし装置の開発、生育速度の斉一化を実現する品種の育成および生育コントロール技術開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 超多収生産に関連する研究としては、SIP「植物工場(H26-30)」において、トマトの環境情報に基づく至適栽培管理技術などを開発中。
カテゴリ コスト 栽培技術 作業自動化 施設栽培 省力化 多収栽培技術 多収仕立て 多収性 トマト 品種

この記事は