麦・大豆の低収要因の解明と高品質多収安定生産技術の開発

No 27050060
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 岐阜県農業技術センター 作物部 岐阜県農政部 農業経営課
テーマ名 麦・大豆の低収要因の解明と高品質多収安定生産技術の開発
対応が想定される技術 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・水田転作の麦・大豆栽培において、収量が低迷しているが、その原因は播種の遅れと湿害に集約され、他の原因についての検証が行われていない。また、低品質な生産物も多く、高品質化が求められている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 麦・大豆の低収要因の解明と高品質多収安定生産技術の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 麦・大豆の低収要因については、湿害を含めて網羅的に解明するために、委託プロ「多収阻害要因(H27-31)」において、圃場ごとに低収要因を診断できるマニュアルを作成中。また、対策技術として、有機物投入、黒根腐病対策、雑草害対策、営農排水技術、窒素追肥法などを開発中。研究成果が得られ次第、公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ 黒根腐病 高品質多収技術 雑草 湿害 水田 大豆 低収要因分析 播種

この記事は