早期に地域で活用できる醸造用ぶどうの栽培適性及び醸造試験

No 27010330
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 北海道農政部生産振興局技術普及課
テーマ名 早期に地域で活用できる醸造用ぶどうの栽培適性及び醸造試験
対応が想定される技術 品種開発 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ・主要果樹の栽培面積が減少する中、醸造用ぶどうについては、横ばいから微増傾向。また、小規模ワイナリーは毎年増加し、道産ワインへの評価や関心が高まっている。
・消費者に高く評価されるが、従来北海道では栽培適正がないと言われていた品種(銘醸ワイン品種)については、導入する生産者がいるものの、北海道での栽培は確立されていない。
・特に注目されている「ピノ・ノワール」については、産地に既に植栽されている樹体を使い「高級醸造用ぶどう品種の地域適応性と高品質栽培法」として28年度までの道の試験課題とされている。
・一方、道農政部農産振興課の施策「北海道ワインぶどうブランド力強化事業」では、平成25年度から27年度にかけて、道産ワイン懇談会(ワイナリーが組織する団体)が、今後振興したい6品種について、計22箇所、約2.5haの実証ほの設置を予定している。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 短期間での研究成果取りまとめに向けた、醸造用ぶどうの栽培地域適性及び醸造評価の実施
(道産ワイン懇談会が設置した実証ほを活用)
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ 品種 ぶどう ワイン

この記事は