テーマ名称未記載 ID: (育苗/経営管理/高品質生産技術/水田遊休施設活用/水稲/養液栽培)

No 27040240
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 新潟県農業総合研究所園芸研究センター 環境・施設科
テーマ名
対応が想定される技術 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点  新潟県内では、水稲を中心とした大規模法人が増加傾向にあり、周年雇用による複合化が急務となっている。また、米価の下落傾向が続き、稲作を中心とした農業経営体の経営を圧迫している。
 一方、水稲育苗ハウスは1ケ月間程度使用した後、遊休施設となっている場合が多い。そこで経営の安定化に向けて、水稲遊休施設におけるコンテナ栽培等の簡易栽培による園芸導入が重要と考えられる。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 水稲育苗ハウス等遊休施設における野菜の簡易養液栽培技術の確立
①品目の拡大
②高品質生技術の確立
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) ○果菜類のコンテナ栽培における安定栽培を研究中。
カテゴリ 育苗 経営管理 高品質生産技術 水田遊休施設活用 水稲 養液栽培

この記事は