テーマ名称未記載 ID: (稲こうじ病/いもち病/管理技術/害虫/種子消毒/種子病害虫防除/飼料用作物/耐性菌/低コスト/防除/薬剤)

No 27040230
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 富山県農林水産総合技術センター 農業研究所
テーマ名
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点 飼料用イネの生産の拡大に伴い、各種病害虫の防除圧が低下しつつある。特に、種子の流通に伴い、いもち病やばか苗病、稲こうじ病等の広域的な発生、そして薬剤耐性菌の拡散が強く懸念されている。今後、主食用米や種子生産現場への影響を防止するためにも、飼料用イネにおける一定の病害虫管理の規定が必要な状況にある。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 低コストな総合的病害虫制御技術の開発(健全種子生産技術、種子消毒法、薬剤耐性菌リスク管理技術等)
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 病害虫管理のうち、イネ稲こうじ病については、農研機構中央農研により研究が実施され、その成果として「イネ稲こうじ病の防除マニュアル」が公開されている。これにかかる技術情報の提供等を実施している。
カテゴリ 稲こうじ病 いもち病 管理技術 害虫 種子消毒 種子病害虫防除 飼料用作物 耐性菌 低コスト 防除 薬剤

この記事は