テーマ名称未記載 ID: (育苗/温湯消毒/種子消毒/生物的防除/耐性菌/農薬/防除/もみ枯細菌病)

No 27040220
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 富山県農林水産総合技術センター 農業研究所
テーマ名
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点 育苗期ばかりでなく本田期においてもイネもみ枯細菌病の発生が増加している。化学農薬による防除は耐性菌の問題から解決の手段にならない。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 耕種的防除技術の開発
生物的防除技術の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) イネもみ枯細菌病については、4次緊プロ事業(H23-25)において、過熱水蒸気を利用した種子消毒装置が開発済み。温湯消毒と同等以上の効果を発揮することが確認され、今後は実用化を目指す予定。これにかかる技術情報の提供等を実施している。
カテゴリ 育苗 温湯消毒 種子消毒 生物的防除 耐性菌 農薬 防除 もみ枯細菌病

この記事は