テーマ名称未記載 ID: (経営管理/高能率作業機/栽培技術/水田/大豆/播種/品種/輪作/輪作体系)

No 27040070
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) (独)農研機構   中央農業総合研究センター北陸研究センター水田利用研究領域
テーマ名
対応が想定される技術 栽培技術 機械化技術
農業・食品産業等の現場における問題点 水田を有効に活用する輪作体系は、土地利用率の向上に貢献する。しかし、日本海側積雪寒冷地は、経営規模が大きく稲の収穫・麦の播種・大豆の収穫作業が重なるなど、ゆとりのある稲-麦-大豆の2年3作輪作体系の構築が困難である。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 積雪寒冷地の気候条件においてゆとりのある稲-麦-大豆の2年3作輪作体系を確立するため、播種・収穫時期における作業分散・高能率作業技術の開発、それに適した品種の選定および栽培技術の開発を行う必要がある。
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 積雪寒冷地における輪作体系にかかる技術開発のうち、基盤整備にかかる技術については、農研機構が「水田輪作における地下水位制御システム活用マニュアル」を作成済み。栽培技術等にかかる基礎的研究については、農研機構が実施予定である。
カテゴリ 経営管理 高能率作業機 栽培技術 水田 大豆 播種 品種 輪作 輪作体系

この記事は