テーマ名称未記載 ID: (育種/管理技術/害虫/耐性菌/抵抗性/抵抗性検定/ねぎ/微小害虫/ぶどう/防除/モニタリング/薬剤/薬剤耐性/わた)

No 27040020
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 新潟県農業総合研究所園芸研究センター 環境・施設科
テーマ名
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点  近年、各種園芸作物において薬剤の耐性菌並びに抵抗性害虫が発生して問題となっている。このことから、薬剤耐性(抵抗性)病害虫のモニタリング技術並びに対策技術を開発することが急務である。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 園芸作物における薬剤耐性病害虫に対する防除技術
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 薬剤抵抗性を獲得した微小害虫の対策技術は、SIP「新たな植物保護技術(H26-30)」、委託プロ「ゲノム情報等を活用した薬剤抵抗性管理技術の開発(H26-30)」等において開発中。ブドウのベと病はQoI剤に対する耐性菌が確認されており、委託プロ「園芸遺伝子」の中で育種的な研究開発を実施中。コナガ、ネギアザミウマ、ワタアブラムシ、ナミハダニについては、抵抗性検定法マニュアル及び管理ガイドラインを作成中であり、完成後に公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する予定である。
カテゴリ 育種 管理技術 害虫 耐性菌 抵抗性 抵抗性検定 ねぎ 微小害虫 ぶどう 防除 モニタリング 薬剤 薬剤耐性 わた

この記事は