テーマ名称未記載 ID: (いちご/うどんこ病/温湯消毒/出荷調整/水稲/西洋なし/防除)

No 27040010
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 新潟県農業総合研究所園芸研究センター 環境・施設科
テーマ名
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点  温湯浸漬法は、環境に優しい病害防除技術として水稲生産には欠かせない技術であるが、近年、園芸生産面においてもイチゴのうどんこ病防除に応用され、効果をあげている。
 さらに温湯浸漬により、イチゴの収穫期前進化に加え、西洋ナシにおいても輪紋病による腐敗果の軽減や追熟促進等の可能性が見られている。
 そのことから、環境に優しい園芸生産の推進を図る上で、園芸生産における温湯浸漬法の新たな活用方法の探索と確立が求められている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 温湯浸漬法による園芸作物の病害防除・出荷期間延長・品質向上技術
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ いちご うどんこ病 温湯消毒 出荷調整 水稲 西洋なし 防除

この記事は