センシング技術やGIS等を活用した生産技術の開発

No 27010020
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 北海道農政部生産振興局技術普及課
テーマ名 センシング技術やGIS等を活用した生産技術の開発
対応が想定される技術 ICT 品種開発 栽培技術 飼養技術
農業・食品産業等の現場における問題点 担い手の高齢化や新規就農者の不足等、厳しい状況の下で本道農業の競争力を強化していくには、省力化・軽労化や精密化・情報化などの視点から農業技術の革新を図り、ロボット技術やICTを活用したスマート農業を推進する必要がある。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 農畜産物の安定多収生産技術体系を確立するため、センシング技術やGIS等を活用した栽培管理技術の開発や家畜管理技術の検討を行う。
分類 活用できる技術があり、部分的にも課題の解決が可能
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 北海道の農畜産物の安定多収生産技術については、地域戦略プロ(H28-30)でセンシング技術を研究中。各種センシング技術の研究成果が得られ次第、公表し、現地検討会やシンポジウム開催により現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ ICT 管理技術 軽労化 栽培技術 省力化 センシング 大規模営農 超省力 ロボット ロボットトラクタ

この記事は