牧草・飼料作物の全天候型栽培技術体系の確立

No 27031000
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 長野県畜産試験場
テーマ名 牧草・飼料作物の全天候型栽培技術体系の確立
対応が想定される技術 栽培技術 加工技術
農業・食品産業等の現場における問題点  近年、寡雨や豪雨など気象の振れが大きい。牧草・飼料作物栽培では、播種作業、収穫作業など気象による影響がより大きくなってきている。一方、不耕起播種の開発や良質サイレージ調製のための添加剤の開発など、個別技術も充実してきている。そこで気象条件に影響されにくい、全天候型栽培技術体系を確立し、自給飼料生産の高位・安定を実現する。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・降雨に対応できる不耕起播種技術
・不耕起栽培における堆肥施用・施肥技術
・連続不耕起による雑草対策
・高水分条件でのサイレージ調製技術
・高水分サイレージの排汁処理技術
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 提案があった全天候型栽培技術体系のうち、不耕起栽培技術については、委託プロ「高栄養飼料」(H27-31)において不耕起・簡易耕播種技術の体系化を研究中である。また、高水分サイレージ調製技術に関しては、農食事業「アルファルファ(H28-30)」において、高水分条件でのサイレージ調製にかかる研究を実施中である。いずれも、研究成果が得られ次第、技術マニュアル等を作成・公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ アルファルファ 栽培技術 サイレージ調製 雑草 飼料作物 施肥 播種 不耕起栽培

この記事は