果樹の機械化栽培体系の開発

No 27030860
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 長野県果樹試験場
テーマ名 果樹の機械化栽培体系の開発
対応が想定される技術 栽培技術 機械化技術
農業・食品産業等の現場における問題点 農業者の高齢化や有休農地の増加などの理由から、省力的な生産による経営規模の拡大が求められている。しかし、果樹の栽培管理は人手によるものが多く、規模拡大の隘路になっている。規模拡大に向けて、作業の効率化や軽労化を図る機械導入が望まれる。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) リンゴわい化栽培は早期多収、受光態勢改善による品質向上及び低樹高化による作業効率の改善を実現してきたが、さらなる多収や作業効率の改善を目標に機械利用を前提とした高密植栽培の導入が検討されている。りんご高密植わい化栽培に適合した防除機、高所作業機、収穫作業機等の開発が必要である。
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ 機械化 機械化体系 規模拡大 経営管理 軽労化 栽培技術 栽培体系 低樹高 防除 りんご わい化

この記事は