麦類土壌伝染性ウイルス病害の総合防除対策と抵抗性品種の開発

No 27030830
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 長野県農業試験場
テーマ名 麦類土壌伝染性ウイルス病害の総合防除対策と抵抗性品種の開発
対応が想定される技術 品種開発 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点 長野県では平成21年以降、コムギ縞萎縮病、コムギ萎縮病、オオムギ縞萎縮病の発生が相次いで確認され、発生が拡大している。これら土壌伝染性ウイルス病は、近年全国的に被害が拡大し問題化しているが、耕種的防除が困難であり、根本的解決には抵抗性品種の育成が不可欠である。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・麦類土壌伝染性ウイルス病対策
1)各ウイルスの簡易感染診断技術の開発と普及
2)各ウイルスの系統同定技術の開発
3)各ウイルスに対する麦類の抵抗性DNAマーカーの開発
4)複合抵抗性品種の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 抵抗性品種については、農食事業において、「ゆめちから」のコムギ縞萎縮病抵抗性をDNAマーカーで導入した「関東140号」「関東141号」を開発し、配付中。また、委託プロ「気候変動対策プロ」において、オオムギの萎縮病、縞萎縮病抵抗性品種を開発中。オオムギについては、H28秋播から萎縮病・縞萎縮病の両方に抵抗性の系統を配付予定。これにかかる技術情報の提供等を実施している。
カテゴリ 萎縮病 大麦 気候変動対策 コムギ・オオムギ縞萎縮病 診断技術 抵抗性 抵抗性品種 DNAマーカー 土壌伝染性ウィルス 防除

この記事は