樹形統一、単純化から大幅な省力化と機械化を実現する次世代果樹生産システムの構築

No 27030660
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 神奈川県農業技術センター
テーマ名 樹形統一、単純化から大幅な省力化と機械化を実現する次世代果樹生産システムの構築
対応が想定される技術 ICT 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点 わが国の果樹栽培は生産者の高齢化が急速に進み、後継者の不足と販売価格の低迷から産地を維持、活性化するための省力、コスト削減などの新たな栽培技術の開発が強く求められている。この問題を一気に解決するため、ジョイント栽培を活用し、果樹の樹形を統一、栽培管理を標準化し、同時に樹形に合わせた省力作業機械を開発することで年間労働時間の半減と機械化による規模拡大で所得を倍増、次世代へ繋ぐ強い果樹農業を実現する。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・統一樹形の多樹種での優位性の証明
・多樹種間で利用可能なセンシング技術を導入した次世代汎用機械の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 機械開発及び新たな樹形開発については、先導プロ「果実生産の大幅な省力化に向けた作業機械の自動化・ロボット化と機械化樹形の開発(H28-32)」において、研究中。機械化樹形と開発機械の組み合わせによる省力効果や経済性評価等を踏まえて、現場で導入可能なものにしていく。
カテゴリ 機械化 機械開発 規模拡大 コスト 栽培技術 省力化 省力作業 樹体ジョイント センシング 汎用機 ロボット

この記事は