暖房費削減のための局所加温技術の開発

No 27030640
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 東京都農林総合研究センター
テーマ名 暖房費削減のための局所加温技術の開発
対応が想定される技術 栽培技術 環境制御技術
農業・食品産業等の現場における問題点 暖房費高騰によるコスト高が深刻である。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 温度をあまり必要としない低温に強い品目を検討するとともに、ヒートポンプや保温資材利用により、ハウス全体でなく、効率的に局所加温(根域の加温に限らず、加温領域の狭小化)する技術が必要。
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 局所加温については、委託プロ「熱プロ(H25-27)」において、適用品目は限られているものの、基本的な技術、成果が得られている。これに関わる技術情報の提供等を実施している。また、委託プロ「収益力向上のための研究開発(H28-32)」のうち「国産花きの国際競争力強化のための技術開発 」において、効率的な冷却装置を開発した上で、現地実証試験を通じて生産現場に普及できるように開発を進める計画である。
カテゴリ 温度管理 環境制御 コスト 省エネ・低コスト化 ヒートポンプ

この記事は