花粉採集作業の省力・軽労化、機械化による花粉調達コストの低減と、花粉産業の育成

No 27030550
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 埼玉県農業技術研究センター 久喜試験場
テーマ名 花粉採集作業の省力・軽労化、機械化による花粉調達コストの低減と、花粉産業の育成
対応が想定される技術 栽培技術 機械化技術
農業・食品産業等の現場における問題点 落葉果樹の多くは、受粉作業が必要である。受粉用花粉の調達は自家採取が多いが、短期間に集中して行われ、高所作業等の重労働であり、近年輸入花粉への依存度が増している。しかし、栽培の急所が海外に過度に依存されると、新型病害虫の侵入や供給不安等のリスクがある。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 自家採取量を省力・軽労的に確保できる栽培法、仕立て法の開発および花粉採集作業の機械化による大規模化、花粉産業の育成
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) ○埼玉県が、花粉採取作業にかかる省力化技術について、農食事業「国産果実安定生産のための花粉自給率向上に繋がる省力・低コスト花粉採取技術の開発(H28-30)」において、花粉採取用品種の選抜を含めた花粉採取の省力化、使用量削減および機械開発に取り組んでいる。
カテゴリ 害虫 機械化 機械開発 軽労化 コスト 省力化 自家採種 受粉 大規模化 低コスト 品種

この記事は