ブロッコリー細菌性病害の防除対策の確立

No 27030470
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 埼玉県農業技術研究センター
テーマ名 ブロッコリー細菌性病害の防除対策の確立
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点  本県は秋冬ブロッコリーの一大産地であるが、近年、定植時期から生育期にあたる秋の気温が高く、しばしば大雨に遭遇することから、花蕾腐敗病や黒腐病などの細菌病が多発して安定生産が阻害され農家経営を圧迫する事例が見られる。薬剤による防除指導は行っているが、連作による影響もあって十分な効果が得られないことも少なくない。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 1)病原細菌の動態解明
2)発病における品種間差異の解明
3)有効な防除薬剤のスクリーニング
4)農薬登録の促進
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) ブロッコリーの病害対策のうち、微生物農薬については、農食事業「主要作物をキサントモナス属病害から守る新規微生物農薬の開発(H23-25)」等において研究中。提案のあったブロッコリーの細菌性病害対策の内、キサントモナス菌を主成分とする農薬開発については、研究成果が得られ次第、公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ 花蕾腐敗病 経営管理 栽培技術 新規農薬 農薬 品種 ブロッコリー 防除 薬剤

この記事は