ニホンナシの萎縮病の発生要因の解明と対策技術の確立

No 27030330
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 群馬県農業技術センター
テーマ名 ニホンナシの萎縮病の発生要因の解明と対策技術の確立
対応が想定される技術 防除技術
農業・食品産業等の現場における問題点 ナシ萎縮病は、生育初期の葉が萎縮症状を示し、初期は数本の側枝から始まり、やがて主枝全体に症状が進行し、枯死する場合も多い。特に主力品種の「幸水」「豊水」の成木から老木に発生が多く、生産性低下の大きな原因となっている。産地からは効果の高い防除技術の確立が求められている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ①発生要因の解明 ②予防対策の確立
③早期診断と防除(治療)技術の確立                                                                 
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) ナシ萎縮病に対しては、農研機構が交付金で耕種的防除対策案を提示するとともに、他研究機関と連携して発生生態の解明を推進中。同時に、本病の問題解決のため、発生状況とその推移に関する情報を収集中。研究成果が得られ次第、公表し、同定・診断技術等について現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ 萎縮病 診断技術 治療技術 ナシ萎縮病 発生要因分析 品種 防除 予防技術

この記事は