施設野菜栽培における夏季の高温対策

No 27030320
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 群馬県農業技術センター
テーマ名 施設野菜栽培における夏季の高温対策
対応が想定される技術 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点 北関東地域の平坦地では、夏季に国内屈指の高気温となる。このため、夏季の果菜類およびホウレンソウ等の葉菜類の施設栽培では、高温障害による生育不良や生理障害の対策、および作業者の熱中症対策が必要である。高温時に気温を低下させる技術としては、細霧冷房が有効であるが、既存品では設備費がかかることや、簡易なパイプハウスでの栽培には対応しにくい。そこで、低コストで導入可能な簡易な施設冷却技術の開発が望まれる。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ①散水チューブを利用した施設冷却技術の開発
②ミストチューブを利用した施設冷却技術の開発
③サイドネット展張による気化熱を利用した冷却技術の開発                                                                                                                                                                                                                                         
④遮光資材の効果的利用法の開発
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ 温度管理 環境制御 高温対策 施設栽培 生理障害 低コスト ほうれんそう 野菜栽培

この記事は