土壌の生産性に関する生物性の評価手法の開発

No 27030260
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 栃木県農業試験場
テーマ名 土壌の生産性に関する生物性の評価手法の開発
対応が想定される技術 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点  土壌の生産性が,物理性,化学性および生物性で構成されているなかで,これまで,生物性の評価手法はほとんど開発,普及していない.ついては,生物性の善し悪しの考え方を整理し,さらに診断手法の開発が望まれている.
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 生物性の善し悪しの考え方の確立
生物性の評価手法の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 土壌微生物性のうち、アスパラガス栽培土壌については、地域戦略プロ「アスパラガス疫病をはじめとする連作障害の総合的な診断及び対策(H28-30)」で研究中。研究成果が得られ次第、公表し、現場への技術移転やそれにかかる支援・助言を実施する。
カテゴリ アスパラガス 診断技術 土壌生物性評価技術 連作障害

この記事は