低リン酸肥沃土壌で生育する水稲品種の育成

No 27030240
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 栃木県農業試験場
テーマ名 低リン酸肥沃土壌で生育する水稲品種の育成
対応が想定される技術 品種開発
農業・食品産業等の現場における問題点  黒ボク土水田の生産力は,大量のリン酸質肥料の投入に支えられている.これまでの努力の中で,今後長期間にわたって十分な水稲生産性を確保できる十分なリン酸肥沃度が確保された水田も多く分布するものの,リン酸質肥料の施用停止によって将来,短期間内に急速に生産性が低下する潜在的リン酸欠乏水田も少なくない.
 現在,JIRCASが参加する共同研究の中で,アジア,アフリカ等の低リン酸土壌に向けた品種の育成が進められているが,将来,リン酸資源の枯渇が懸念される中で,我が国の低リン酸黒ボク土でも有効な品種の育成が必要である.
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 水稲のリン酸吸収機作の解明
低リン耐性遺伝子の検索
有効な遺伝子の導入による低リン耐性水稲品種の育成
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) -
カテゴリ 水田 水稲 低リン耐性品種 品種

この記事は