施設花き栽培における冬季省エネ技術の確立

No 27030210
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 栃木県農業試験場
テーマ名 施設花き栽培における冬季省エネ技術の確立
対応が想定される技術 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点 施設花き栽培においては、省エネを目的とした変温管理や局所加温等が行われているが、より効果的・効果的な省エネ栽培技術の開発および加温機器等の利用技術の検討が求められている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) 施設花きにおける省エネ栽培技術の確立
・省エネにつながる効率的・効果的な管理技術の確立
・新たな加温機器・資材等の利用技術の検討
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 省エネ栽培技術のうち、EOD反応を利用した技術を開発中である。品目や品種ごとの反応に関する知見を基にした技術情報について提供可能である。
カテゴリ 環境制御 管理技術 栽培技術 省エネ・低コスト化 品種

この記事は