ICT活用によるニホンナシ高度予測システムの構築

No 27030200
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 栃木県農業試験場
テーマ名 ICT活用によるニホンナシ高度予測システムの構築
対応が想定される技術 ICT 栽培技術
農業・食品産業等の現場における問題点 近年の気候変動により生育異常や果実生理障害等の発生など、生育をとりまく環境の変化は大きく、異常気象等により果実収量が激減するなど、生産が安定していない。そこで、ほ場での画像データ等に基づく実用的な生体情報診断技術、環境データに基づく予測などICTを活用して高精度の予測技術を開発し生産の安定を図る。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ①生体診断技術の開発
②樹体解析技術による生産能力診断技術の開発
③ICTを活用した高精度なナシ生育予測技術の開発
④予測に対応した技術支援プログラムの開発
分類 活用できる技術が無く、研究開発が必要
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 1kmメッシュや50mメッシュの農業気象データを活用した技術的支援については、農研機構において実施された。
カテゴリ ICT 環境データ 技術支援 診断技術 生育予測 生産予測技術 生体診断技術 生理障害

この記事は